院長ブログトップ ≫ Archive: 4月 2012

2012年4月 のアーカイブ

精神科外来診療では初診時に問診による病歴、過去の精神科治療歴、身体疾患や嗜好品の既往歴、家族歴、幼少期からの生活歴や家族関係等の情報を聴取し、国際的な診断基準を基にして主治医の過去の経験や知識を総動員して身体疾患を含めた除外診断を的確に行うことで精神科診断が確定するわけですが、診断名に終始せずご本人の性格傾向、症状や疾患の特徴や重症度をさらに明確化してひとりひとりの治療方針に生かし再発予防対策を行う目的で各種心理検査を行います。その方の症状や病歴に合わせて必要な検査を組み合わせて実施することを「テストバッテリーを組む」と言います。当院では問診に加えてこれを実施しひとりひとりの診断や治療の精度を高めるように常に工夫して努力しています。

メンタルヘルス田井クリニック www.taiclinic.com

ページの先頭へ移動

埼玉県職員健康相談医(埼玉県嘱託産業医)と埼玉県職員健康審査会委員はかつてから埼玉県より拝命して埼玉県職員のメンタル不全の相談業務やリハビリ出勤判定や休職復職判定の業務を行って参りましたが、このたびさいたま市役所本庁産業医をさいたま市長より委嘱されました。今後は埼玉県職員のメンタルヘルス業務に加えてさいたま市職員の健康増進やメンタルヘルス業務を遂行することとなり、公務員の心身健康増進から間接的に地域に在住される埼玉県民やさいたま市民の生活の安定と向上に貢献できればと思います。私自身も産業医の知識や経験をさらに蓄積し当院に受診されるメンタル不全の就労者の方々の診断治療や復職支援のレベルアップ、職場の人事労務担当者や産業医や産業保健スタッフの皆様との連携の充実が得られるように自己研鑽し日々精進していく所存です。

メンタルヘルス田井クリニック www.taiclinic.com

ページの先頭へ移動